設立の背景と目的

1. 当センター設立の背景

発電所やガスプラントなど、重要インフラの制御システムに対するサイバー攻撃への対処は、国家の安全保障、危機管理上重要な課題です。セキュリティが確保されない場合、重要インフラの制御システムの停止、エネルギー使用状況等の機密情報漏洩等が発生する可能性が顕在化してしまいます。
海外では、制御システムセキュリティに対する国際規格の整備が進み、またこれに基づく認証制度が確立されてきており、インフラシステム輸出に対する貿易障壁となる可能性が出てきています。



2. 当センターの目的

当センターは、重要インフラの制御システムのセキュリティを確保するため、研究開発、国際標準化活動、認証、人材育成、普及啓発、各システムのセキュリティ検証にいたるまで一貫して業務を遂行いたします。

  • ●制御システムにおける高セキュア化技術の研究開発
  • ●広域連携システムにおける高セキュアシステム技術の研究開発
  • ●システムセキュリティ検証技術の研究開発
  • ●国際連携
  • ●制御セキュリティテストベッドの研究開発













■当センターの研究開発の方向

当センターの研究開発の方向 画像拡大