研究開発テーマ

CSSCでは、制御システムセキュリティの確保のため、様々な研究テーマを実施してきました。 一部研究テーマは製品・サービス化が行われております。
活動状況は毎年多賀城で開催する報告会で組合員、賛助会員の皆様にご報告し、 休止・未完となったテーマについては適宜見直しを行い、今後についての検討を行っております。


1. 製品を対象とした研究開発

コントローラ等を対象にした、現状の確認・対策、およびセキュアな製品開発についての研究開発

大項目 小項目 期間
現状製品の検証技術 ISCI/EDSA準拠のための検証技術 2012ー
同上 CSSC独自の検証項目策定 2012ー
同上 EDSA認証のための実証実験と環境整備 2015ー
セキュアな製品に
向けた技術開発
ホワイトリストスイッチ 2012ー
同上 セキュリティバリアデバイス 2012ー2013
同上 ホワイトリスト(端末・サーバ向け) 2012ー2013
同上 PLC・HMIにおけるホワイトリスト 2015ー

2. システムを対象とした研究開発

(IT)システムを中心とした現状のシステムの確認・対策、およびセキュアなシステムを作るための研究開発発

大項目 小項目 期間
現状システムの
検証技術
ISCI/SSA準拠のための検証技術 2012ー
同上 CSSC独自の検証項目策定 2012ー
同上 スマートメータ向け検証技術 2015
セキュアなシステム
に向けた技術開発
セキュアな制御システム構築ガイド 2013
同上 制御システムセキュリティ認証の
ための環境検討
2015
同上 ネットワークの構成要素から生成される
ログを活用した分析技術の研究開発
2015
同上 ビル分野におけるセキュリティ検証を
目的としたログ分析手法の研究
2015
同上 国際規格等をベースとした制御システムに
おけるセキュリティ対策カタログ
2016
同上 ホワイトリストの協調機能 2015ー

3. プラントを対象とした研究開発

現状のプラントの確認・対策、およびセキュアなプラントを作るための研究開発

大項目 小項目 期間
現状のプラント
運転の検証技術
ケイパビリティモデルに基づく
システムリスク管理体制成熟度評価
2012ー
同上 CSMS演習コンテンツ 2013
セキュアなプラントに
向けた技術開発
ヒューマンファクター対策 2012-2013
同上 サイバー攻撃早期認識技術の開発 2012ー2016
同上 FA模擬プラントへのセキュアログ
収集基盤および縮退運転機構の実現
2013ー
同上 可搬型模擬プラントとサイバー演習シナリオ 2015、2017

4. テストベッドを対象とした研究開発

製品・システム・プラントについて、模擬プラント等による確認・対策を実施できる環境そのものに関する研究開発

大項目 小項目 期間
テストベッドの構築 9つの模擬プラントの構築 2012ー2013
同上 OPCによる相互接続環境の構築 2013
同上 マルウェアの動作を検証する機能の構築 2012
同上 対応策の構築 2012ー
テストベッドへの
検証環境の構築
遠隔検証環境の構築 2012ー2016
同上 疑似攻撃環境の構築 2013ー2015

◆研究開発概要

画像をクリックするとPDFが開きます。

研究開発概要